ラジオ英会話のレシピ

ラジオ英会話


NHKが放送しているラジオの英会話講座はつぎのようないろいろの
講座があります。


・基礎英語1
・基礎英語2
・英会話入門

・英会話中級
・英会話上級


・英会話 レッツスピーク
・ビジネス英会話
・シニアのための ものしり英会話塾


そしてこの講座のテキストとCDが販売されています。


しっかり目的別に分類され、とりくみやすい内容となっています。
また充実した教授陣と充実した番組でクオリティーが高いと
いえます。


しかし、なかなか1年間つづきにくいのは、なぜでしょうか?
それは、同じ時間に、定期的に、番組をきかなくては、ならないから
ではないでしょうか。


ながい1年のあいだには、その時間に、つごうのつかない日も
あるでしょう。もちろん再放送もしています。


この講座を活用するポイントは一定期間(講座によります)時間の
調整をして、時間の都合をつけることが、できるか?どうかに
かかっています。


将来的には、きまった時間以外でも、いつでも番組がきくことが
できるオンデマンド方式の番組がはじまることを期待しています。


そうするとモティベーションの持続が簡単になり、これらの講座が
ますます用いられるようになるでしょう。



■ 流暢なあいさつの落とし穴


英会話を、ならいはじめたころでした。
あいさつをおぼえちゃいました。


発音も練習したから、カッコよく、しゃべれるようになっていました。
とてもうれしかった。


ためしたくて、ためしたくて、しようがなかった。
だって、少ししゃべれるようになったら、誰だってうれしいですね。


かっこよくきめてみたいとおもったそうです。
だれだって、そうおもいますネ!


そこでよろこびいさんで、外国の方とあった時、あいさつをしました。
すごくカッコよかったんだとおもいました。


そこまでは・・・・・・


でもその外国の人は、わたしは当然英語は話せるとおもって
しまったのでした。


だからその外国の人にとっては、普通にしゃべりはじめました。
どんどんと、話をしてきました。


さて、わたしはそんなに話せないでしょ。
こまった・・・ こまった・・・


キョトンとして、顔をみていました。
相手のいっていることは、ほとんどわからないし!


気ばかりあせって、ますます言っていることが、わかりません
でした。


相手の外国の人も、こまったでしょうねー。
最初上手に「あいさつ」してきたから、てっきり、英語を
話すとおもったのに。


あとは「なにをいっても」顔をみているだけ。
これって「どういうこと?」とおもったでしょう。


わたしも、つぎからつぎへと、早口(その外国の人にとっては
普通のスピード)でしゃべられて、「チンプンカンプン」だったの
でした。


英会話の初心者にとっては
あいさつとか、きまったフレーズだけカッコよくきめても
あとがつづかないと困ってしまうようです。


「カッコ」より「確実」なしゃべりかたをこころがけたほうが
いいのじゃないでしょうか。


HOME
英会話のコラム
英会話のリンク集
超ミニ英会話

初心者の英会話サイト
英会話ナビゲータ
英会話ガイドブック
超ミニ英会話倶楽部
初心者むけ
英会話無料レポート
初心者むけ
英会話無料メールマガジン
初心者むけ
英会話無料通信講座
初心者むけ
ゼロからはじめる英会話
英会話学校
インフォメーション
英会話スクール
ガイドブック
英会話教室
ナビゲータ



100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!